https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53357.html

新型コロナウイルスは「中共ウイルス」

中国共産党に近い国・地域の新型コロナウイルス 感染状況は深刻です。

たとえば、イランは、中国共産党にとって中東地域における最も重要な「戦略パートナー」です。

イタリアは、中国当局と巨大経済圏構想「一帯一路」に関する覚書を締結しました。

韓国では、光陽市の中国のアルミ工場建設など、文在寅大統領が行った10の政策はみな、中国共産党政権と関わりがあります。

米国で最も感染者の多いワシントン州は、中国共産党の総書記が4代にわたり、訪米の際に必ず訪れた場所です。

ドイツのデュッセルドルフには610社の中国企業が進出しています。

トランプ大統領は、新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼んでいました。

しかし、このウイルスは「中国ウイルス」ではなく、より正確には「中共ウイルス=中国共産党ウイルス」です。

https://jp.wsj.com/articles/SB12122433963021313976604586298461530268564

コロナ禍で世界に「指導力」誇示する中国

新型コロナウイルスが最初に出現し、数千人の命を奪った場所は中国でした。

その中国は現在、世界のリーダーとしての地位確保の取り組みを強化する手段として、この感染症の世界的流行をより声高に、より積極的に活用しようとしています。

中国の政府機関、企業、慈善団体が2600万枚以上のマスク、230万セットの検査キットなどを計89カ国に寄贈

中国外務省は、同国からコロナウイルス関連の支援を受けた国が120カ国に達したことを明らかにしました。

中国から新型コロナ対策支援物資を送られた
セルビアの首都ベオグラードには習主席を称える看板
PHOTO: ANDREJ ISAKOVIC/AGENCE FRANCE-PRESSE/GETTY IMAGES

https://www.epochtimes.jp/jp/2010/12/html/d92841.html

サタン に魂を売ったカール・マルクス

カール・マルクスほど現中国の思想・制度作りに影響を与えた人物はいません。

中国が共産党国家になった1949年以降に生まれた中国人は皆、小学校入学の時に

「共産主義のために命を捧げ、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想に一生涯を貫く」と宣誓し、

その後の人生も、「共産党への忠実度」にかかっています。

共産主義の中国では、マルクス主義は憲法によって真理とされ、国教的な存在とされています。

マルクスはあたかも崇拝される神のようでした。

ユダヤ人の牧師 ウンブランド著の『マルクスとサタン』で、

マルクスが敬虔なクリスチャンから、サタン教に転向していた事が明らかになり、

中国人の共産主義への信仰の基盤が揺れ始めています。

マルクス家は代々ユダヤ教のラビで、母方も代々ラビを務めたユダヤ人家系、

叔父は、欧州最大の電機メーカーであるフィリップスの創業者の祖父で、マルクスの財政援助者でもありました。 

マルクスは6歳の時、ユダヤ教からプロイセン国教であるプロテスタントに改宗しました。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=15509

弁護士だった父親は、息子の持つ才能に大いに期待して大学生のマルクスに毎年700マルクもの仕送りをしていました。

(当時、年収が300マルクを越える人はほとんどいなかった。)

贅沢な生活の中、享楽に溺れたマルクスは、

最終的には、サタン教の組織にはいり込んでしまいました。

マルクスが18歳の頃に、霊的な現象に出会い、

それから敬虔なサタン教徒になったということです。

そのころマルクスが書いた劇曲『オーラネム』には、

サタニスト教会で行われる黒ミサの儀式が描かれていました。

 地獄の気が舞い上って、やがて私の脳を充満した
 私は気が狂い、心が完全に変った
 この剣を見たか?
 闇の大王がそれを私に売った
 私のために、彼は拍子を取り、合図をする
 私の死の舞もますます大胆になる

サタン教の入信儀式の中で、成功を導く剣が 入信者に売られる一方、

入信者は「死後の霊魂が悪魔サタンの元へ帰する」ために、

自らの血でサタンとの契約にサインをすることになっています。

マルクスは全人類を地獄に落とそうとしていました。

共産党へ受け継がれたイルミナティの教義

https://www.epochtimes.jp/p/2017/05/27200.html

ドイツ人秘密結社「正義者同盟」はイルミナティの外延組織であり、

1847年6月、ロンドンの会議で「共産主義者同盟」と名を改めました。

同年11月「共産主義者同盟」はマルクスとエンゲルスに宣言の起草を委託し、

翌年2月21日には「共産党宣言」として出版されました。

その目的は、

http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda4/87LXKwDcR4Hs46714.htm

私有財産の廃止は、富が民衆に割り当てられるためではなく、

没収された富を管理する共産党と、それを支配するユダヤ人のためでした。 

これ以降、共産主義運動が活発化していきます。

2018年5月、マルクスの生誕200年を、中国共産党政権は祝っています。


中国共産党がマルクス生誕地であるドイツ・トリアーにマルクス像を寄贈。
(Wolfgang Rattay/Reuters)
https://www.epochtimes.jp/p/2018/05/33108.html

中国は経済発展の中で資本主義の要素を取り入れてきました。

同時にマルクス生誕を大々的に祝うのは、共産主義を党の既定ラインとし、この一党体制を手放したくない証拠でもあります。

グローバル化の中心は共産主義、人類全てを支配しようとする世界政府の野望

https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/44578.html

ベルリンの壁崩壊やソ連解体で、人々は共産主義の終焉を喜びましたが、

イルミナティ は、共産主義の外見を偽装し、グローバル化という新しい看板を掲げ、新たな世界支配を目論みました。

冷戦終結後、西側経済の富(数百年かけて社会に蓄積された富)をいち早く中国共産党に移行しました

アメリカの思想家エドワード・グリフィンは、スターリンが提唱した共産主義の世界革命について、下記のようにまとめています。

1. 混乱させ、秩序を乱し、世界中の資本主義勢力を破壊する。
2. ひとつの世界経済のもとに、すべての国々を集結させる。
3. 先進国から発展途上国へ提供される資金援助を長引かせる。
4. 世界政府への移行段階として、世界を地域別にグループ化する(例えば現存のNATO(北大西洋条約機構)、SEATO(東南アジア条約機構)、米州機構など)。人々はますます国家への忠誠心を失い、あいまいな地域の忠誠心や、世界的な権威に屈する。
5. 後に、地域をひとつにまとめて、プロレタリアートによる世界専制政治で統治する。

中国共産党は、通信、銀行、エネルギー分野を除いた国内市場を開放する見返りに、先進国企業との合併事業設立を条件としました。

中国共産党のやり方は、無節操な技術移転の強制から、ハッキングによるあからさまな窃盗などさまざまです。

先進技術を得た後、中国共産党はその優位な立場を利用して、安価な製品を世界市場で売りさばきました。

中国はグローバル化から多大な利益を得ており、世界第二位の経済大国にまで上り詰めました。

それに比べて欧米は、巨額の資本と技術の流出・失業率の増加で衰退しています。

中国共産党は自信をつけ、さらなる世界制覇への野望を持つようになりました。

また、反グローバル化も共産主義イデオロギーを推進します。

経済成長を続けながら中国共産党は、WTO、IMF、世界銀行、国連、国連工業開発企業など世界の経済組織に浸透して行きました。

組織内の主要な地位に就任した人は、中国共産党に協力するよう求められ、中国共産党の計画を承認し、実行します。

国際機関に権力が集中すると、世界政府に似たような働きをします。

第二次大戦後に組織された世界最大の国際機関 国連の、多くの事務総長は社会主義者でマルクス主義者です。

例えば、初代事務総長のトリグブ・リー はノルウェーの社会主義者であり、ソ連から強力な支援を受けていました。

彼の最重要任務は中国共産党を国連に加盟させることでした。

彼の後任であるダグ・ハマーショルドは、世界共産主義革命のシンパであり、中国共産党首相の周恩来と親密でした。

三番目に就任したミャンマーのウ・タントは、マルクス主義者でレーニンの理想と国連憲章は一致していると信じていました。

中国共産党は、国連をプロパガンダ推進のために利用しています。

事務総長を含む国連トップの幹部たちは、発展途上国の貧困問題を解決するとして、中国共産党の一帯一路を推進しています。

中国共産党の一帯一路は、多くの小国を負債危機に追いやりました。

例えば、スリランカは借金返済のために、中国共産党に対して99年間も大事な港を貸すことになりました。

巨額の債務を抱えたパキスタンは、IMFに援助を求めました。

一帯一路は参加国の政治経済を支配し、地元市民の人権や民主を脅かすため、多くの国はその導入にブレーキをかけています。

しかし、中国共産党から圧力を受けた国連幹部たちは、一帯一路の必要性をしつこく宣伝しています。

国連憲章の権利を定義するやり方は、ソビエト憲法と非常に似通っており、

「上記の権利は、法律で定められた場合を除いて、どんな規制にも制約されない」という文言が付加されています。

共産主義が故意に設定した「裏口」です。

共産主義は、その代理人たちを通じて、グローバルな問題、例えば環境破壊問題を取り上げ、これは国際協力と権力によってしか解決できないと訴えます。

その真の目的は、世界政府の樹立です。

グローバリストとは、「共産主義」「社会主義」「左翼リベラル思想」「ネオコン(新保守主義)」「新自由主義(ネオリベ)隠れマルクス主義

リベラルは、ソ連崩壊によりマルクス主義という立場を隠すようになりました。

https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1522

フランクフルト学派は西欧マルクス主義、知識人向けのマルクス主義といわれ、1923年ドイツのフランクフルト大学内に設立された「社会研究所」が起点となっています。

このフランクフルト学派は戦後、GHQによって日本を席巻します。

近年公開された米国の史料でCIAの前身であるOSSはフランクフルト学派の巣窟であったことがわかっています。

OSSの史料には、マルキスト(=マルクス主義者)の日本人学者やアジア専門家が多く名を連ねています。

この人たちもGHQの占領政策にかかわり、公職追放によって空席となった大学や教育機関、研究機関、行政に潜入していきました。

一橋大学名誉教授だった都留重人は、共産主義者ハーバート・ノーマンの同志です。憲法作成に関わっています。

東大法学部憲法学者の宮沢俊義もフランクフルト学派で、その教えは弟子に受け継がれているでしょう。民法学者の我妻栄もそうです。


「ジェンダー・フリー」「ゆとり教育」は、文部省に潜入したフランクフルト学派のエリート官僚の賜物です。

男らしさ女らしさを全否定した 男女共同参画社会、日教組の変態教育も「古い性道徳からの脱却」というフランクフルト学派の影響を強く受けています。

「憲法愛国主義」は、国家観がなく、憲法を最上に頂くものです。

 フランクフルト学派は日本を破壊し、革命を導くというテロ的思想であり、これが日本の中枢に入り込み、教育やメディアを支配しています。

出口王仁三郎の共産主義

http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2012/11/post-4667.html

国家も宗教もない大家族主義的共同社会(マルクス主義運動の影響)

資本主義から社会主義、そして共産主義へ、すなわち財産所有の形態が私有から国有へ、そして共有へという方向に動き、さらに究極的には「神有」になると。

もともと共産の生長の家

https://blog.goo.ne.jp/vannon32/e/9291b71ee5be4e3f2af7c01442308306

個人の所有を認めず、共有にするという生長の家

https://www.facebook.com/pg/自称生長の家本流運動の本音-1781654482126331/posts/

http://aikokutaro.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

日本の政治は、いまや政商・グローバリストが動かしています。

政商・グローバリスト側と国民は、人数比が1対100の差があるとすると、まともに情報が国民に伝わってしまうと、政商側に勝ち目はありません。


だからこそ、政商・グローバリスト側はメディアを使い、情報をコントロールし、政府の諮問会議に「民間議員」と称して乗り込み、みずからの利益を最大化する政治を推進させようとします。

現在の日本の場合、未来投資会議や規制改革推進会議など、諮問会議の“民間人”たちが政治を動かしており、民主主義は成立していません。

http://aikokutaro.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

「国際勝共連合」や「統一教会」と友好的だった 岸信介 は、 北一輝 に傾倒した国家社会主義者で、場合によっては社会党入りしていたかも知れなかった話があります。

岸が実弟佐藤栄作社会党入りを勧めたとの話もあります。

岸は満州ソ連に影響を受けた計画経済・統制経済を実行しました。

戦後日本の経済成長の礎をなしたともいわれる「1940年体制」の最大の立役者が岸信介だったともされています。

つまり、第1次安倍内閣時代に安倍晋三がスローガンとして掲げていた「戦後レジームからの脱却」とは、(少なくとも経済政策においては)岸信介の否定と同義でした。

https://www.chikumashobo.co.jp/blog/pr_chikuma/entry/1268/

赤い安倍晋三―「民主主義」はネズミを捕る/清義明

敗戦直前、戦争遂行の可否に悩んでいた昭和天皇に近衛が奏上して曰く、この戦争は「国体の衣を着けたる共産主義者」の陰謀である、と。そしてこれに同調したのが共産主義者の「革新官僚」だったと。

「アカの革新官僚」と指差されていた一人に岸信介がいました。

実際、岸は戦後に巣鴨から出獄し公職追放が解除された当初、社会党入りを画策していた国家社会主義者だったわけです。

岸信介は、六〇年安保闘争の「悪役」ですが、同時に国民皆保険や国民年金をつくりあげました。

安倍晋三の金融緩和と財政出動による「アベノミクス」は、左派が得意とする政策です。

同一労働同一賃金は、 国連の専門機関である国際労働機関(ILO)や世界人権宣言で推奨しています。

麻生太郎も賃上げ要請は共産国家とだと認識しているようです。

http://blog.livedoor.jp/peaceasia/archives/52119540.html
麻生太郎は共産主義の優越性を認め、
共産主義に沿った改革を始めました
ヒトラーが率いていた政党の名前は、国家社会主義ドイツ労働者
党名からわかるように、ナチは極右ではなく極左でした。

http://mlulm.blog.fc2.com/blog-entry-487.html

「ナチ(NAZI)」という呼称は、当時の政敵、後には連合軍が使った蔑称であると説明されています。しかし、別の裏情報によると、「ナチ(NAZI)」の本当の意味は、「国際シオニスト連盟 (National Association of Zionist International)」だという。「Zionist(シオニスト)」とは、イスラエル回帰を求めるユダヤ人の原理主義者の集まりである」

シオニスト・イスラエルからの内部告発があります。

「ユダヤ教は宗教だが、シオニズムは主に東欧(アシュケナジ)ユダヤによって始められた政治運動である。彼らは何世紀にもわたって社会主義と共産主義の背後に控える主要な勢力なのだ。シオニストの最終目標は、シオニストとシオニスト起源の国際的銀行が支配する政府によるワン・ワールド政府である。共産主義と社会主義は彼らがその目標を達成するのに役立つ道具に過ぎない」


悪魔崇拝者ユダヤ人は古代から脈々と現代の中国に住み続けてきました。

古代イスラエルが崩壊し、イスラエル民族 ユダヤ人の多くは大陸を横断し、中国にもたどり着きました。

夏と殷は、カイン(アダムとエバの子で人類最初の殺人の加害者)からきているという説があり 、また漢の語源もカインからきているようです。

春秋戦国時代に現れた孔子、老子などの諸子百家、秦の始皇帝もユダヤ人だと言われています。

多くのユダヤ人は、政治・経済・思想に強い影響力を持ちました。

日本に大きな影響を及ぼした道教の始祖 老子(李耳)は、ユダヤ人李家です。

周から春秋戦国時代の中原や中国東北部の王族の末裔が客家人で、イスラエルの民族の末裔です。

客家の多い地域では中国共産党に強い影響を与えているようです。

客家出身の政治家には、中国の鄧小平、台湾の李登輝、シンガポールのリー・クアンユーなどがいます。

http://www.peters.jp/ba/future_direction/503.html

ユダヤ人は中国の領土に最初に足を踏み入れて以来、時代時代でユダヤ人コミュニティの場所を変えながら、脈々と住み続けてきました。

開封、杭州、寧波、揚州、寧夏等、中国の多くの都市でユダヤ人が 暮らし、コミュニティを形成していたことが分かっています。

開封のユダヤ人の記録によると、彼らが中国にやって来たのは宋の時代(960 年-1279年)でした。

開封のユダヤ人が残した石碑には、宋代の皇帝がユダヤ人に対し、当時の中国の首都に住みユダヤ教の伝統を守ることを許していたと記されています。

また開封では「部外者と豚肉の運搬者はシナゴーグの近くを通ってはならない」という規則が施行されていたこともあります。

この事実は、開封のユダヤ人が信教の自由を全面的に享受しており、かつその習慣が尊重されていたことを物語っています。

ユダヤ人の中国流入には幾つかの波がありました。

第一波は、阿片戦争後の19世紀後半にバグダッドやボンベイからのセファルディ系ユダヤ人の流入 で、

彼らはビジネスチャンスを求めて上海や香港をはじめ、新たに門戸を開いた中国の諸都市に定着しました。

第二波は、ロシアや東ヨーロッパ出身のアシュケナズィ系ユダヤ人で、大多数は20世紀初頭のユダヤ人虐殺やロシア革命から逃れてきた難民でした。

そのほとんどはまず中国北東部のハルビンやその隣接地帯に到着し、その後多くの者が中国南部に下って行きました。

第三波は、ヨーロッパ系ユダヤ人難民です。

1937年から1940年の間に上海に上陸したユダヤ人の数はおよそ2万人にのぼり、上海はナチ支配下にある国から脱出してきた何千人ものユダヤ人の避難所となりました。

1940年代初頭に神戸からやって来た1000人前後のユダヤ人は、ポーランドなどの東ヨーロッパ諸国の出身で、

第二次世界大戦中に在リトアニア日本領事の杉原千畝が発給した通過ビザにより、ホロコーストから逃れてきた難民でした。

上海ユダヤ難民記念館
ユダヤ教会だった建物を使用しています。

中華民国時代には4万人を超えるユダヤ人がヨーロッパから中国に移り住みました 。

この事実は政府当局がユダヤ人とユダヤ教に対して寛容な方針を採っていたことを示しています。

孫文もシオニズム支持を表明する声明を出していました。

第二次世界大戦が始まった1939年、中国政府はドイツ占領下のヨーロッパで迫害を受けるユダヤ人に同情を寄せ、中国南西部に居住区を設ける計画を打ち出しました。

この計画は、中国人民と同じ権利をユダヤ人難民に保証するというものでした。

結局計画は実現しませんでしたが、中国政府がユダヤ人に支援の手を差し伸べようとしたことを示しています。

1946年に国民党と共産党の間で勃発した内戦により、多くのユダヤ人たちはこの国を去って行きました。

サッスーン家やカドゥーリ家など、上海の有力なユダヤ人一族は事業を別の場所に移し帝国を築き上げました。

1948年にイスラエルが建国され、1万人のユダヤ人がイスラエルに渡って行きました。

1949年に共産党が権力を掌握する頃には、ほとんどのユダヤ人は中国を去って行きましたが、数千人残留していたユダヤ人とユダヤ教には寛容な態度で接し、シナゴーグで宗教行事を行うことを認めていました。

文化大革命が始まった1966年まで国内に残っていたユダヤ人は少数の高齢者だけであり、彼らも程なく中国で生を終えました。

1979年、中国は外国人の投資誘致と改革開放政策を打ち出し、ユダヤ人は中国に戻ってきました。

現在北京や上海などの都市に居住する少なからぬ数のユダヤ人は、その存在感を増しています。

上海にはユダヤ人の建物が数多く残されていますが、政府はその中で シナゴーグを選んで改修しました。

ハルビンでは、876の墓標が並ぶユダヤ人墓地が中国政府により手厚く管理されています。

現在もハルビン市は、ユダヤ人コミュニティの遺産を保全するために、様々な施策を講じています。

中国の歴代王朝や政府はユダヤ人に対して寛容な態度で接し、

シナゴーグの建設を含め、ユダヤ人が国内で日常的に宗教活動を実践することを認めていました。

かし、近年、中国ではどのような小さな団体であっても、スピリチュアルなものであれば政府の監視下に置かれる状況となっています。

ユダヤ教においても、信徒の存在を表す印や、古い集会所の場所を示す石碑が撤去されました。

http://www.cismor.jp/uploads-images/sites/2/2014/01/JISMOR82.pdf#search=%27中国+ドルイド+ユダヤ人%27

https://the-liberty.com/article.php?item_id=11998

共産主義は、唯物論で無神論「体制にとって邪魔なモノは壊して(殺して)いく」という悪魔の思想です。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です